SAI_FONとは

画面構成

SAIへ文字を送る操作の流れ

文字別フォント設定

文字装飾例

SAIへ境界線描画

縦書き時の処理

設定の読み書き

フォントインストール方法

変わった使い方

編集状態の保存

SAI色パレット読書

各メニュー詳細
(未作成)
・フォント設定
・文字装飾
・文字カラー
・キャンバス設定
・画像転送
・縦書き処理
・書式設定
・その他

TOPページへ戻る

SAIへ文字を送る操作の流れ

ここでは簡単に操作の流れ(SAIへの転送)のみ説明しています。
SAIで絵を描いて居る所に突然文字を入れたくなりました。
そこでSAI_FONを起動し、SAIのウィンドウの上にSAI_FONを重ねます。
(SAI_FONの起動タイミングはいつでもどこでもOKです)




まず、SAIと連動というチェックボックスにチェックを入れましょう。




SAIと連動にチェックを入れた直後はこんな感じ




SAIとのキャンバス表示倍率があっていません。というメッセージが表示されていたら、



SAI_FONの表示倍率を、SAIの表示倍率と合わせます。




文字入力BOXへ文章を入力して、文字の大きさや位置、フォント種類など各種調整をします。




複数の文章を入力する際は、レイヤを利用します。
レイヤ毎にそれぞれ上と同じように文章入力、各種調整が可能です。




文字の移動はマウス左ドラッグですが、キャンバス全体(すべてのレイヤー)の移動は、
ハンドカーソルを選択するか、 Ctrl+左ドラッグで行います。
また、キャンバスの移動はSAIと連動をチェックしているためSAIと合わせて移動します。




すべての文章を入力、位置合わせなど調整できたら、フォント画像転送の SAIへ転送ボタンをクリックする事でSAIへ自動で文字が一枚のレイヤーとして送られます。




自動転送が終了するとSAIがアクティブとなり、文字が一枚のレイヤーとして転送されています。
転送された文字の背景は透明で抜きになっています。