SAI_FONとは

画面構成

SAIへ文字を送る操作の流れ

文字別フォント設定

文字装飾例

SAIへ境界線描画

縦書き時の処理

設定の読み書き

フォントインストール方法

変わった使い方

編集状態の保存

SAI色パレット読書

各メニュー詳細
(未作成)
・フォント設定
・文字装飾
・文字カラー
・キャンバス設定
・画像転送
・縦書き処理
・書式設定
・その他

TOPページへ戻る

ちょっと変わった使い方

・普通に●(まる)や■(しかく)をテキストで入力。 (○ではなく塗りつぶしの●の方です)
・縁取りにチェックを入れると、まぁだいたいこんな感じです。
普通に、縁取りした文字です。




・フォントサイズ(pt)の項目に直接手入力で大きな数字を入れてみると、 文字が拡大されて、文字ではなく図形のような感覚に。




・文字レイヤーですので、文字のアスペクト比を変更すれば好きに伸び縮みできます。
・SAI_FON内部では文字をベクターデータで処理していますので、線幅やクオリティはサイズや比率を変更しても画像変形と違い劣化が無く、一定に保たれたままです。



内容は大した事をしている訳では無いですが、ちょっと変わった図形ツールのような使い方でした。
※内部はパス(ベクター)なので図形ツールと実質同じではあります。
円や四角が描けないSAIだと、意外と使える事があるかも?